2018年10月11日木曜日

3DCG 理想的な3DCGの女の子が見つかりましたよ^^3DCGと4DVRと5DAIにつきまして



とても理想的ですね^^

それはそうと今ぼくは5Dを目指してしまいまして、情報収集中ですね^^

探せば探すほど、最新の情報がたっくさん出てきますので結構大変です^^

ぼくの中での分け方は、


  • 3DCG(Three-dimensional Computer Graphics)
  • 4DA(Four-dimensional Action)(変更前)
  • 4DVR(Four-dimensional Virtual Reality)(変更後)
  • 5DAI(Five-dimensional Artificial Intelligence)

※4Dについてを変更しましたよ^^


ですね^^5DのAIをめざしてしまいましたたたた^^^

4Dはアニメーションの「A」でもいいのですけど、ぼくはARとかVRとかMRとかVTuberだとかモーションキャプチャーだとかの仮想現実でアクションをする全般的な意味も含めましてアクションの「A」を冠してみましたね^^

4DR(Four-dimensional Reaction)でもいいのかもしれませんね^^AR、VRとか半リアルということでRに置き換えられていますので^^

追記:

4DはVRの方がいいかもしれませんね^^3DCGアニメーションを3DCGカテゴリに組み込んでしまいます^^

と、いいますのも、2DCGを引き合いに出しますと2DCGアニメーションも2DCGの範疇に含まれるかなと思うのと、ヴァーチャルリアリティーはそれまでの3DアニメやMMDとは明らかに一線を画すテクノロジーかなと思うというのがその根拠となります^^

4DVRは即時性も重要な指標になるのかなとも思いますね^^デバイスの進化も考慮します^^

追記終わります^^

しかしこういうことは海外のどこかで広がってくる形で日本にやってきそうな解釈な気がしますね^^

そういう説明をされている情報元は今のところぼくはまだ知りませんね^^

AIが5Dだというのもどこにもないぼくの勝手な解釈となっています^^

4Dまでで3Dモデルキャラのアクションは補完されていますので、5Dの世界では4Dのさらに先ということでアクションやモーションや、はできるのが当たり前でその後はやはり自ら動いたりという反応や学習的な要素が当てはまるのかもしれないと個人的にはとらえていますよ^^

いつしか、オープンソースのAIも出てきそうですね^^すでにあるのかもしれませんけどね^^

分け方は何がしっくりくると思われますでしょうか??^^

YouTuberも〇年前はYouTuberという言葉も無かったとヒカキンさんもはじめしゃちょーさんも言っていますけど、今は大人気ですね^^

5DAI(読みはふぁいぶでぃーえーあい)も今はそういう言葉さえありませんけど、数年後は一般的になりそうではありますね^^なので始めるには今が絶好のチャンスですよね^^


それから、今ぼくはZBrushCoreのスカルプトでだいたい壁にぶつかるところまできましたので、新たな方向性を模索し始めたよ^^

こういった大掛かりで根本的に今までと異なる情報群は時間をかけて消化して吸収していきたいものですね^^

そうしないとてんやわんやになりますね^^

ドメインも初めて取得してみましたよ^^

5Dということを含めまして「www.blissfulness5d.com」となりました^^


とりあえず、AI関連もフォローして最新情報を集めたいかなと今は思っていますよ^^